舟山和秀のブログ

ときめきと安らぎに彩られた素敵なひと時を

このブログは18歳未満の閲覧を固く禁止します。
未成年の方は速やかにお戻り下さい。
(ここには こわい ことが かいて ある ので こどもの ひと は みないでね)

サーキットツアー開始 2018/03/22 17:00 まで、あと、 カウントダウン です。

↓↓↓こちらもよろしく↓↓↓

twitter @kazu_funayama
pixiv id kazuhide_funayama

強制されたボトムアップは何も産まない

medium.com

 

 まあその通りなんだけど、僕のいた部署でシステム化を行った時には自称システム通の部長級の人が配下の課長から派遣社員にまで「今の仕事」のフローを書かせて回収したそれを仕様(のようなもの)としたので、結局システム構築によって達成される「新しい仕事」の仕様は「今の仕事」のフローによって決定される運命から逃れられなかった。

因みに、部長級の人が「システム通」でない場合は会議室に配下のメンバーを集めて各々に発言させて議事録をまとめる手法をとるので同じ結末になる。

どうしてこうなるかと言うと、どの様な実務によって自らの組織が動いているかを知ることは部長級の人は自分の管理業務では無いと思っている(それはある意味正しいのかもしれないけれど)からなのだが、それは仕方ないとしても、技術の導入によって実現できる筈の「今の仕事」を超越した「新しい仕事」のフローにまで発想が及ぶべくも無いのは残念というしか無い。

さらにウチの会社が発注するシステム屋はウチの子会社で、親会社の仕事内容を熟知している事が最大のウリのメーンフレーム時代からの老舗なのだが現在の技術で包括的にどのような事ができるか理解しておらず、「今の仕事」を(現在の技術で)最適化するフローを構築する事が出来ない。

それで「複写伝票+電卓」で構成されている「今の仕事」は結局はせいぜい「集計機能付き印刷機」に置き換えられるに過ぎず、今までボールペンと電卓でやっていた動きが統合される程度で処理者必須の属人的な合理化に留まってしまう。

余談ながら、ウチの会社では基幹業務に於けるExcelの処理割合は異常に高い。しかし、システム化してもExcelでやっても能率にほとんど差が無いので誰も何も言わないし、むしろ発注した要件の成果物がExcelマクロなら感謝されるくらいである。

これらの事から、会社の上層部が本気で従業員をシステム化によって削減しようと思っても、そもそも自分の組織で何が行われているか分からない上に、技術側もメーンフレームで帳票出力をやっていた頃と同じやり方をしようとするから、それは無理と言うものなのである。

今回参考にさせて頂いたのは、ずいぶん前に読んだござ先輩のブログの「先にシステムを考えてから人を配置しなければダメだ」という趣旨の回なのですが、神回だと思います。(原文どこかわからなくなってすみません。また、本文内容は一部脚色しています)