舟山和秀のブログ

ときめきと安らぎに彩られた素敵なひと時を

このブログは18歳未満の閲覧を固く禁止します。
未成年の方は速やかにお戻り下さい。
(ここには こわい ことが かいて ある ので こどもの ひと は みないでね)

サーキットツアー開始 2018/03/22 17:00 まで、あと、 カウントダウン です。

↓↓↓こちらもよろしく↓↓↓

twitter @kazu_funayama
pixiv id kazuhide_funayama

このところのおさらい

 PCを修理に出した後に修理工場からあまり歓迎しない旨の電話があり、その後サービスセンターのオペレータから修理を依頼した以外の箇所も壊れていて部品の交換が必要であるとの連絡があった。

 こちらとしては、その箇所は修理に出荷する前に動作することを確認しており、承服できないと反論したのだが、その時のオペレーターの言葉遣いがすべてにおいて受動態と能動態、尊敬語と謙譲語で入れ替わっていて、正直何を言っているのかわからなかった。例えば「○○なさって頂かれました」と言うのが自社社員の行動についてであり、あと全然再現できないが、自社内の出来事を言っているのかこちらへの要望を述べているのかさっぱりわからない。

 いちいち聞き返してとりあえず事実関係をどうにか確定してオペレータの名前を聞いて電話を切る。

 後日、そのサービスセンターと連絡をとると前回とは打って変わって完璧な日本語で新たな故障個所と思われた部分は部品を再結合したところ、正常に作動したのでご希望の修理依頼箇所のみで使用できるとの回答がある。

 まともなな人もいるのだなと思いつつ、名前を聞くと驚いたことに前回と同じ名前だった。

 修理工場からこちらへの嫌がらせをさせようとする横槍がサービスセンターにあって、オペレーターは自分をバカと思わせ、反論が通じないと観念させて要求を通そうとしたのかと邪推する。

 そして、周りで聞いている人たちには丁重に話しているようにしか聞こえず、それでいて相手には相応のダメージがある対応という技をどうやって身に着けたのか。

 おそらく、このメーカーではこうした事を頻繁にやっていてその中で身に着けたのだと思う。

 何にしても、このオペレーターはものすごく頭のいい人だと思う。

 たまたま同じ名前の人がいたのか、こちらの人違いか、完全な邪推か。

 そして、もう二度とこのメーカーの製品は買わないと決意する。

 

 あと、カウンセリングの事と能力の獲得が手遅れになる事について書こうと思ったが時間が無くなった。

 また、そのうち。