舟山和秀のブログ

ときめきと安らぎに彩られた素敵なひと時を

このブログは18歳未満の閲覧を固く禁止します。
未成年の方は速やかにお戻り下さい。
(ここには こわい ことが かいて ある ので こどもの ひと は みないでね)

サーキットツアー開始 2018/03/22 17:00 まで、あと、 カウントダウン です。

↓↓↓こちらもよろしく↓↓↓

twitter @kazu_funayama
pixiv id kazuhide_funayama

期日前投票に行った

正直今回は表現規制に反対してくれるのであれば政党や他の公約はまったくどうでも良いというポリシーなのだが、どれだけネットをさがしても自分の選挙区の候補にその情報がない。

ロリ人誌など表向き擁護しにくいのは分かるが、せめて規制派の人は「規制します」と明示してくれれば避けて投票できるのに残念である。

ただビックサイト召し上げの件とか供述口車模倣でっちあげ事件などで思うに、あちらさんたちはコミケとかそういうたぐいの物を本当に潰しにかかっている気がする。

てか、かかっている。

 

 

唐突だが、ヤングジャンプで素晴らしい連載が始まった。

チアリーディングがテーマで、身体は男性なのに心は女性でそれが原因で家出した兄を慕う弟が主人公だ。

僕はいつか、心は男子なのに身体は女子の高校生(つまり逆)がカメラ小僧になってチアガールの追っかけを始める話を描きたいと思っていたりして、舞台とテーマが似ているのでそこはちょっと複雑な気持ちなのだが、本当に素晴らしい人間描写に久々に感動してしまった。

僕なんかの話の話をしても仕方ないが、カメラ小僧のその子はいつも男の格好をしていて身体が女性なのは読者にも分からない秘密で、常になぜ普通に恋愛しないのかという違和感とともに話は進んでいき、最後に意識高い系のカメラマンの男たちに取り囲まれてボコボコされた上に(その子は男だと思われているので)懲罰の目的で服を脱がされて、カメラ小僧になった動機は自分の身体では性交渉ができない(と本人が思っている)事からくる代償行為だったという救いのない話なので、まあ描かない方が良いのかもしれない。差別といえば差別でもあるし。