舟山和秀のブログ

ときめきと安らぎに彩られた素敵なひと時を

このブログは18歳未満の閲覧を固く禁止します。
未成年の方は速やかにお戻り下さい。
(ここには こわい ことが かいて ある ので こどもの ひと は みないでね)

サーキットツアー開始 2018/03/22 17:00 まで、あと、 カウントダウン です。

↓↓↓こちらもよろしく↓↓↓

twitter @kazu_funayama
pixiv id kazuhide_funayama

無意味な斗争。

 僕のブログ書斎、近所のマクドナルドが繁盛している。

 昨今言われている「給与を上げたら最高益になった」というのがどこまで信憑性のある情報かはわからないが、先代社長の頃から比較して考えるとやはり劣化した日本的経営からの離脱による成功と見るべきだろう。

 同じ頃、マクドナルドと一脈通じるアメリカ生まれの東京ディズニーランドとシーが大幅な拡張を行うという発表を知る。

 僕は世間の予想とは裏腹に案外これはコケると思っている。

 僕がボッチでああいうところに縁がない故のひがみといえばそれまでなのだが、元(?)幹部が「アルバイトをうまく使って儲ける」みたいな本をたくさん出す様になった頃から僕はこの娯楽機関も先は短いなと感じていて、たぶん次の投資は廃れ始める曲がり角になるだろうと予感している。

 そもそもアメリカ文化が無条件にいつでもだれにでも受け入れられる日はそろそろ終わりなのかもしれないという気がする。

 しかし、同じくアメリカンなノリのUSJが入場者数を伸ばしているのを見るにそうとも言えないのかもしれないし、そこはわからない。

 色々な想いからアメリカは輝く理想であり、愛される存在であり続けて欲しいと僕は個人的に願っている。

 

 愛と言えば、今日は会社の帰りに長年契約している結婚相談所に行って何人かのお相手にお申し込みをした。

 誰かを愛して、それが主に会社によって損なわれている自分の人生の欠如を超越する日が来るとは、もう、ほぼ確信をもって思っていない。にも関わらず来年の一月までは活動する予定でいて、それは利己的な自己愛の最期の悪あがきでしかない。

 そしてそれが終われば、自分しかいない自分の世界で、自分を究める挑戦に自分のすべてを捧ぐ日が間もなくやってくる。そして、それは無意味な自分の無意味な斗争でしかない。

 しかし、自分はそう生きるべく運命づけられて生まれたのだから諦めるしかないのだ。

 

 脈絡のない話ですみません。