舟山和秀のブログ

ときめきと安らぎに彩られた素敵なひと時を

このブログは18歳未満の閲覧を固く禁止します。
未成年の方は速やかにお戻り下さい。
(ここには こわい ことが かいて ある ので こどもの ひと は みないでね)

サーキットツアー開始 2018/03/22 17:00 まで、あと、 カウントダウン です。

↓↓↓こちらもよろしく↓↓↓

twitter @kazu_funayama
pixiv id kazuhide_funayama

すべての豚は殺される時も「了」としか言わない。

 ある日、夢の中で読んだ中国の漫画に出てくるメンターが主人公に呟いた一節。

 

 すごいリアルな夢だったので、自分は本当にこういう漫画を過去に読んだ事があって、無意識の中にそれが再現されたのかもと思って、ネットで色々調べてみたが出てこなかった。

  

 「豚はいつもブヒブヒとしか鳴かなくて、いよいよ屠殺されるときもやっぱり同じくブヒブヒ鳴く」という意味の(と、僕は理解した)格言をメンターが引用したのだけど、分かりましたという意味の了(はっきり了の活字が吹き出しの中に見えた)という漢字の中国読みが豚の鳴き声の音訳になっているとは思えないから、夢の中の創作なのだろうか。

 

 愚かな者は最後まで愚かで害意にすら従順であるというやり切れない寓意である。 

 

 僕もまた何も分からず愚かに老いて、本質は何一つ変わらないまま旅立っていくのかもしれない。

 

 しかし出来るならば愚かなりにも自分を徹して生きていきたい。