舟山和秀のブログ

ときめきと安らぎに彩られた素敵なひと時を

このブログは18歳未満の閲覧を固く禁止します。
未成年の方は速やかにお戻り下さい。
(ここには こわい ことが かいて ある ので こどもの ひと は みないでね)

サーキットツアー開始 2018/03/22 17:00 まで、あと、 カウントダウン です。

↓↓↓こちらもよろしく↓↓↓

twitter @kazu_funayama
pixiv id kazuhide_funayama

全部とは言わないが軒並み色々うまくいかない。

 今日は新居を探しに中央線を探索し不動産業者を訪れる予定だったが、朝から一時間以上も時間を浪費した上、三鷹の町並みをちょっと歩いただけで疲れ果て、早々に逃げ帰ってPCの調整などして夜になる。

 不動産業者の心象を考えてネクタイまでしたのだが結局今日はどこも訪問しなかった。

 色々と状況が入り組んでいる上に、このブログは開設以来自作エロ絵ブログだったり、ヘボ素人のエンジニアリングブログだったり、悪口ブログだったりで読者の方には迷惑を掛けているので、皆さんに分かっていただけるように説明する。

 まず、どうして新居を探しているかと言うと僕は会社から電車で数駅、時間にして四十分くらいの歩いてでも出社できる場所に住んでいるのだが、僕はまもなくその会社を辞める積もりでいて、辞めたあとも自分が勤めていた会社の近くに住むのは耐えられないが、辞めて無職になると部屋が借りにくくなるのでその前に遠くの部屋を押えておこうと思っているからだ。そして、これはプランA。

 次に、どうして朝から時間を浪費していたのかというと僕が加入している結婚相談所が送ってきた大量の釣書を相談所に行ってさばいていたからだ。

 なんで無職になる人間が結婚しようとしているのか訝しがられると思うが、ひとつは退会手続きをまごまごしていて釣書の定期発送日が来てしまったのと、もうひとつは自分の事ながらやはり家庭への未練があったからだろう。

 交際期間中は会社を辞めないつもりでいるので、こちらがプランBとなる。

 で、実はとっくの昔にプランAで行くことで決心していた筈なのだが、このザマである。

 こうやってどっちも中途半端にやっている間にどんどん時間がたって、どんどん状況は悪くなっていく。

 そして僕にはちょっと頭の事情があって、会社に残っても退職してもプログラミングを行う必要がどうしてもあって、これが出来ないとどちらに転ぶにしてもものすごい悪い状況になる。

 今まではCentOS7(LinuxというOSの一種)で稼働しているVPS(ネット越しにコンピュータを間借りするサービス)上にプログラムできる環境のデスクトップを作って、それにVNC(正確にはTigrevnc−server)と呼ばれるデスクトップの画像を別のコンピュータから見れるソフトを入れて、さらにそれだけだとデスクトップを窃視される危険性があるので、安全に見れるようにhttpsで始まるURLに変換(変な表現だが)して手元のブラウザーから見れる様にGuacamoleというソフトを追加してずっと何ヶ月もプログラムを行っていたのだが、アップデートを掛けたところ、これらの機能が何一つ作動しなくなってしまった。

 回復を目指して再インストールと再設定を行ったが、何日もかけてどれだけ操作記録から復元した手順を試みても、ネットで最新の手順を参照して実行しても頑として復元できない。

 あと何手かは未検証の手順が残っているが、それらを試してもうまくいく可能性はほとんど無いだろうと予想されている。

 あるいはアップデートして使えなくなったということは、今の環境でどれだけ頑張っても無駄と言えば無駄なのかもしれない。

 そもそもなんでそんな回りくどいメカニズムでプログラムを書くのかというと、そこはまたしてもややこしい事情があり譲れない所だったのだが、そうも言っていられないので手元のWindows10のノートPCにVPS上でやっていたのと同じ開発ソフトを入れようとしたが、ちょっと前に書いたようにWindows10がお釈迦になってしまい、代わりにMintというやはりLinuxの一種を入れたところ、大体うまく入ったがVPSで当たり前にできていたデータベースとの接続ができない。

 これが出来ないと一定以上プログラムを進める事ができない。

 最終的にはデーターベースは別の場所に置くので実行時は違う経路での参照となるのだが、作る時に動作テストが出来ないので、事実上プログラミング自体出来ない。

 データーベースに接続するというのはものすごい基本手順であるにも関わらず、それすら出来なくなっている自分にかなりショックを受ける。 

blog.goo.ne.jp

 自分などが引用するのはあまりにも不遜ではあるが、色々試行錯誤を繰り返しても状況が上向かない局面の描写に非常に共感する。

将棋にもコーチがいれば、とは思いますが

 将棋界はよく知らないが、どうもある程度のレベルになって師弟関係が無くなるとコーチングを受けれなくなるみたいだ。

 

 プログラミングもある程度の事まではネットなどで尋ねられるが、レベルが上がるとそうも行かない。

 僕が抱えているのは既知の確立された手順であるにも関わらずどうしても出来ないという問題でレベル的には低いのだが、質的に尋ねるのは困難なケースである。

 調べてみると有償で代行してくれるサービスがあるのであたってみようかと思ったりもする。

 

 さて…。

 

 三鷹はいい街だったが、退職後に一人で住むには孤独で頭がおかしくなりそうな気がして候補から外した。

 今日は疲れて回れなかったが、中央線の他の駅である立川とか似た路線の京王線の沿線とかでこれから探して見ようと思う。

 といっても釣書に今日答えてしまったので、明日からしばらくは賃貸契約の話をする事はできなくなった。

 

 もうどうしようもない。

 

 生き方のコーチが世にいればいいのだが…。

 

 ただ、絵の方が順調なのでそれが救いである。

 

 と言いながら描かずに、さぼってこれから飲みに行く。

 

 では、また。